始め方からビットコインなどのアルトコイン情報も徹底レポート

レバレッジ取引の意味と取引の際に意識すべきこと

レバレッジとは「てこの原理」を意味し、特に外国為替証拠金取引(FX)の世界でよく用いられる言葉で、最近では仮想通貨取引でも利用されています。

少ない資金で高額の取引ができるところにその特徴があります。

FXを行う際には、まず取引に使用する資金をFX取引業者に証拠金として入金しますが、レバレッジをかければその入金した額の何倍もの取引を行うことができます。

例えば、入金額が5万円としても10倍のレバレッジをかければ50万円の取引が可能になりますが、現在のところ日本のFX取引の場合は「レバレッジは25倍まで」という法令の定めがあります。

25倍のレバレッジで固定している業者もあれば、自分の裁量でレバレッジを変えることができる業者もあり、海外のFX取引業者の場合は、この制限がなく何百倍ものレバレッジをかけられるものもあります。

少ない元手で証拠金よりもはるかに高額の取引が可能になるため、より少ない資金で多額の利益を得ることも可能です。

その一方で、損失を出せばはるかに大きい金額の損失を受ける可能性もあります。

仮想通貨とは?

レバレッジ取引のリスクと可能性

具体的な例をあげると、通常FXで取引を行われる単位は1万通貨で、仮に1ドル100円だとしたら、ドルを買うのに本来は100万円必要です。

ですがレバレッジ最大25倍の場合には5万円で取引が出来るようになり、仮に1ドル100円で買って101円で売った場合は、1円×1万通貨ですから1万円の儲けになります。

逆に言ったらマイナスです。

つまり5万円の資金で1円動いたらプラスマイナス1万円の差額が生まれるわけです。

メリットは少ない資金でも大きく稼げる可能性があることですが、このような取引は、特に厳重なリスク管理の意識を持つ必要があります。

安全対策はあるが

各FX取引業者は、一定の割合の損失が発生した場合は、それ以上に損失が膨らまないように強制ロスカットのシステムを導入しています。

そのため証拠金以上の損失を出すことは基本的にありませんが、但し何かの大きなニュースがきっかけになって相場が急激に変わればロスカットが間に合わなくなる場合も可能性としては考えられます。

FXはスマホを使っても簡単に取引ができますが、それだけに安易な取引を頻繁にしてしまう危険性もあります。

仮想通貨に関してもFX取引ができるようになりましたが、仮想通貨の場合は価格の上がり下がりがさらに激しいため、FX取引をする場合はいっそうの慎重を期す必要があります。

仮想通貨の場合

仮想通貨の場合にはパターンがあり、それが現物取引とレバレッジ取引です。

※現物取引とは、その時の価格のまま、その金額で購入や売却をすることです。

先に申し上げた通りレバレッジ取引だと少ない資金でも、大きな資金と同じような取引ができ、利益も大きいですが損失も大きいです。

そして問題なのが思惑と違い価格が下がった時に、一定のラインを割った段階で強制的に売却をされる点で、現物の場合だと価格が下落しても自分が売りたくなければ、そのまま保有をしていられます。

※突発的なニュースの場合、強制で売却されすに資金以上にマイナスとなる場合も。

レバレッジ取引だと上昇傾向が続く相場ですら、一時的な下げでも負けてしまう可能性を秘めており、初心者は現物取引の方が無難だと言えます。

それに仮想通貨は安い時に買い、後はひたすら待つ長期保有が基本となりますから、資金がない方が行うレバレッジ取引は、一発逆転を掛けたギャンブルと同じだという事は理解しておきましょう。

また仮想通貨の場合には取引所によってレバレッジ取引出来る通貨と出来ない通貨があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。