始め方からビットコインなどのアルトコイン情報も徹底レポート

仮想通貨取引所の登録をするなら金融庁認可が絶対

「結局どこがいいの?」

仮想通貨取引所を登録するにあたっての選び方の基準は、昔なら手数料や利便性そして扱っている暗号通貨の数などで決めていた場合も多かったと思います。

それが昨今の事件を受けて、安全性も重要視されるようになりました。

2017年まで実は安全に関しては何ら規定はなく、法整備もされていないことから、取引所もある意味では自由であったので、安全面は運営会社が独自に基準を設けて行っていたのです。

そして独自であるがゆえに会社によっては対応は様々で、いずれも当時は大手の仮想通貨取引所であったにも関わらず、重大な事件へと発展した歴史があります。

法整備がされる以前は、顧客から大量のお金を預かるにも関わらず金融庁の認可を受けていない「みなし業者」と言う位置づけでした。

それが改正資金決済法の施行に伴い正式に金融庁認可制となったのです。

そもそも仮想通貨とは?

金融庁認可制で浮き彫りになる仮想通貨取引所

金融庁認可制になった途端に、これまで一般のユーザーには分かりにくかった運営会社の質が見えてきて、あっさりと認可を受けた業者から保留中の業者、そして撤退を表明した業者と明暗が分かれ粗が見え始めています。

つまりお金と同等の商品を扱っていたにも関わらず、金融機関がクリアすべき基準すら守れていない業者がこれまで居たという事になりますが、この法整備のおかげで完全にリスクの排除はできませんが、安心して取引が出来る環境が整ったともいえます。

ただ改正資金決済法もやはり完全とは言えません。

ですから仮想通貨取引所を選ぶなら大手が一番安心ができ、実際に大きな取引高を誇るのは4つくらいしかなく、日本の業者の中で現在大手なのがビットフライヤーです。

ビットフライヤー

仮想通貨の歴史はビットコインとイコールで、当初から世界で一番取引量が多く、同通貨を最も取引されていて、最もユーザー数が多いのがビットフライヤーです。

これは国内で最大の規模を誇る業者で、最初の金融庁の認可が下りた仮想通貨取引所の一つでもあります。

※金融庁の発表はこちらで確認ができます。

それだけではありません。

取引所の歴史はハッキングとの闘いの歴史で、これが原因で閉鎖をした所は数えきれないほどです。

もちろん認可を受ける以上は一定レベル以上のセキュリティーが為されているのは確かですが、世の中に絶対はありませんから、それに備えて「万一盗難消失をしてしまった場合の損失を保障する」保険を三井住友海上火災保険と締結しました。

これは国内初です。

そして有名な大手企業と資本提携を行っているので、資本金がケタ違いの41億円他と比べても倍くらいの差があり、この業界では超大手企業となります。

初心者が「取引を行うなら、ましてや大金を動かすなら猶更まずはココ!!」と言えるくらいに当り前になっており、以上の事から仮想通貨取引所の登録をするならビットフライヤーは外せないでしょう。

ザイフ(Zaif)

ザイフ(Zaif)は主要な通貨を扱いながらもスプレッドも手数料も、国内の中では際立って安く、マイナス設定で逆に増えるキャンペーンを行うなどの、最もお得に利用ができる取引所となっていて、初心者が少額で利用をするなら便利です。

これだけ見たら利用をすべきところですが幾つかの注意点もあります。

そのあたりを考慮しながら考えましょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは仮想通貨のメインであるビットコインも扱ってはおりますが、金融庁認可を早く受けた16社のうち、レバレッジ取引リップルを取引できる唯一のところです。

手数料も他の会社が有料でもDMM Bitcoinは無料としている事が多く、後追いの会社のために他との差別化でアピールをしています。

国内で「リップル」を購入するならDMM Bitcoinの登録一択となるでしょう。

ただし!

スプレッドが広いためにデイトレのような短期での売買には向かく、使い分けが必要です。

QUOINE(コインエクスチェンジ)

豊富な仮想通貨ペア数を誇りシンガポールで設立された会社で海外展開を幅広く行われているため、他国の主要法定通貨であれば大体入金ができます。

※2016年には本社機能を日本に移しました。

コインエクスチェンジは、アジアを中心にグローバル展開をしている会社ですが、クイック入金の対応金融機関は国内最多を誇り、ビットコイン価格が他の取引所よりも安く、コスト面に秀でているのが人気の秘密で、もちろん金融庁認可は最初の方にされていますし、登録すべき国内大手の一つではありますが、英語表記も多くベテランさん向けな取引所です。

ビットコイン

まとめ

初心者はビットフライヤーがおすすめですが、手数料などの料金を考えたらザイフ(Zaif)、もし迷っていても取り合えず取引をしない限りは口座申し込みは無料ですから、登録だけはしておいた方がいいです。

仮想通貨(メイン)は下がるときも早いですが、一旦反転をし始めたら火が付いたように上昇を続けます。

登録を申し込んでも取引が出来るようになるまでに、本人確認に時間がかかり、機会を逃す可能性もありますし、取引をしない限り登録自体は無料ですから、取引ができる状態にして様子を伺うのもやり方の一つです。

また下がったいたら早めに買っておいて上がるのを待つのもありです(勝っている人はそうしてます)

そして買うに買えない状況になる事なんて日常茶飯事です。ほんと・・一気にあがります・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。